丸焼き

10年前に思った事。

 

え?こんな事やっちゃうんだ。

 

そう思われる事をやりたいという事。

 

島で宝探しをやるのも、キャンプでいろんな料理するのも、キャンプでラジコンで遊ぶのも、夜中にドロケイやるのも全部その思いが原点。

 

3年前に初めて豚の丸焼きをやったのもそうだった。

 

面白い事ばかりやる本があって、確か大人の夏休みの本でその中に

「豚の丸焼きをやってみる」

を発見しボウズもやってみようとなり始まった気がする。

調べた!

思い出した!

「働くきみをアゲる18の冒険」山本新一さんの本でした。

千葉にあるカフェまで会いに行ったのも懐かしいな。

 

その本の中から豚の丸焼きをやってみたんだ。

 

その翌年。

 

豚骨ラーメンやったらすごくないかとなった。

これ僕のアイデアである。

 

1年挟んで今年。

 

何が新しいのかと言われれば何も変わっていない。

 

しかし、間違いなく今までで最高の豚の丸焼きだった。

 

参加者もスタッフもみんなが楽しそうだった。

いやいや間違いなく楽しんでいた。

 

場所も同じ。豚の丸焼きも同じ。豚骨ラーメンも同じ。

それでも全然違う感じ。

 

何というか。

10年前に式根島に行った時に感じた共感の楽しさがあった。

 

みんなが一つになる感じ。

 

みんなでゲームをし少し仲良くなって、みんなでご飯を作り笑って、みんなで豚を解体した。

 

これは自信を持ってみんなに勧められる。

心からみんなに参加してもらいたいと思った。

 

こんな事までやっちゃうの?というのは一度体験したらおしまい。

ただ。その仕掛ける側の楽しみもあるんだなぁ。

 

豚の丸焼きはまだまだ進化しそうだ。

(ふーちャん)