終わらない夏に 誰かとめぐり逢う

謎祭り終了!


どもども!まちこです!

気が付けばしばらく間が空いてしまってすみませんでした><


先週の日曜日、トーキョーボウズの謎祭り2015が終了いたしました!

お越しいただいたみなさま、誠に有難うございました!

そして、ご迷惑をおかけしたお客様には改めてお詫び申し上げます。

お気づきの点等ございましたら、どんな形でも構いませんのでお知らせいただければ幸いです。


さて、今月は今回を含め残り2回の更新ということで、

「まちろぐ」はお休みさせていただいて特別編をお送りしようかなと思います。

今回は謎祭りの裏話ということで、

私が担当していた「ニンボウズ」のお話をさせていただきます。


「ニンボウズ」は、普段ボウズを支えてくれているマルガリータというボランティアスタッフが企画・製作・運営の全てを自分たちで行っていました。

昨年の「ダンボウズ」で初公演を行い、見事動員数1位を獲得しました!


そんな中で行われた今年の公演。


「忍者」というテーマは、初回の会議からほぼ確定していました。

何といっても、そのテーマをプレゼンした方の熱意がすごかったので(笑)

そして、ボウズらしく、バカバカしい忍者を作り上げよう!ということで術のブレストが始まりました。

公演では全部で20個弱の術がありましたが、それ以外にも考えていたものはいくつかありました。

みの○んた氏の写真を隠して「隠れ蓑の術」とか。

ようかいけむりをみんなで一斉にやって「のろし」とか。

皆様も是非この字面で想像してみてください。きっとすっごくバカバカしい。笑


そして、今回初めての試みだったのが「周遊」です。

普段謎を作る側のメンバーがほとんどいなかったので、しっかり謎を作っていくということ自体が手探りの状態でした。やっぱり謎製作者の方はすごいです><

そんな中でもやっぱり小ネタを挟みたくなるのはマルガリの性(ぇ

今回は論理パズルの中に30代ホイホイを取り入れてみました。

私が周遊のスタッフだった時にも「ぷっ」と吹いているお客様がいらっしゃったので、

それだけでこのネタは報われたと思います。笑


最後にお配りした額当てを公演後もつけてくださるお客様がいらっしゃったり、

周遊の手裏剣に声をあげて楽しんでいるお客様がいらっしゃったり。

私は普段アジトでスタッフをさせていただいているのですが、

自分が製作に関わったコンテンツのスタッフは、またそれとは違うドキドキや楽しさがあって

それまでの苦労が全部報われるような、特別な時間を過ごすことが出来ました。

それもひとえに、ニンボウズを楽しんでくださったお客様のおかげでございます。

重ねて御礼申し上げます。本当に有難うございました!!!


ということで、本日はこの曲で締めたいと思います。

お読みいただき、有難うございました!


♪祭りのあと/桑田佳祐