日常こそが幸せの海

海に住む魚は海の姿がわからない。

 

幸せの中に住む人は幸せの姿がわからない。

 

日常こそが幸せの海で。あるなぁ〜。

 

 

見失ってはいけない物に、ちょっと立ち止まって、振り返って、幸せを噛み締めてみる。

 

ありがとうが溢れます。

 

 

2年前に書いた日記。

 

人を幸せにする仕事をするのであれば、まず自分が幸せでなければならない。

 

そんな事を思ったのですが、

 

幸せは当たり前に周りにあります。

 

 

「ありがとう」の反対に「当たり前」なんて言ったりしますが、

 

当たり前は反対というか気付かないありがとうなのではないかと。

 

この世は感謝で溢れ、幸せに満ちている。

 

どちらも気付くかどうか。

 

わかりやすいに越したことはないんですけどね。

 

 

ということで、

 

遅れ遅れの更新で申し訳ございません。

 

というお詫びも全部含めてここまで読んでくれて感謝です。

 

 

みんなを幸せにするお仕事したいです。

 

囲まれている幸せに気付いたり、新しい幸せを結んだり。

 

ではまた!